自閉症の症状は様々で、健常者との境界がはっきりしていない部分もあり、正確な事は言えませんが、年々自閉症患者が増加傾向にあるとも言われています。それでは、なぜ自閉症になってしまうのでしょう。自閉症は昔から誤解や偏見の多い障害で、テレビの見せ過ぎや母親の愛情不足のせいにされてしまう事が多かったようです。けれど、そのような事は全く関係なく、自閉症の原因は先天性の脳機能障害によるとされていて、多くの遺伝的因子が関与していると考えられています。つまり、現在では、自閉症は先天性の障害であり、育て方が原因なのではないと言う事が判明しているのです。しかし、先天性の脳機能の異常から認知障害の発症までの具体的なメカニズムについては、まだ研究段階であり、未解明の部分が多いのが実状です。また、自閉症を発症するかどうかには、出産年齢も大きく関係している可能性があります。データでは、母親が40歳以上のケースで自閉症の子供が産まれる可能性は、30歳未満の母親の約2倍になっています。さらに、出産が5年延びるごとに、自閉症を発症する確率は18%ずつ上がっているのです。もちろん、母親だけではなく、父親の年齢も関係しており、40歳以上の父親で自閉症を発症する可能性は30歳代の父親の1.5倍となっています。それに、自閉症は子供の性別にも関係していて、男性の発症率は女性の3〜4倍であると言われています。女性よりも圧倒的に男性に多い障害であると言えるでしょうー